時事

岡山市の市立中央図書館の場所はどこ?早島町在住の職員が新型コロナ感染

岡山市 早島町 コロナ どこ 市立中央図書館

4月1日、岡山県は岡山市職員の50代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

男性は同県早島町在住で、岡山市立中央図書館に勤務しているとの事です。

今回は、岡山市立中央図書館の場所はどこか調査していきたいと思います。



岡山市立中央図書館の場所はどこ?

それでは、岡山市立中央図書館の場所はどこか調査していきたいと思います。

旭川近く、二日市公園と隣接しています。

岡山市立中央図書館 住所:岡山県岡山市北区二日市町56



岡山市立中央図書館の場所はどこ? 終わりに

感染が確認された職員は県外で感染したと見られています。

発表によりますと、男性は子どもの引っ越しで3月23から28日に沖縄県に行っていました。

26日から倦怠感や頭痛などが見え始め、28日に岡山県に戻ったあとに医療機関を受診。その後も症状が良くならず31日に帰国者・接触者外来を受診し、検査の結果感染が確認されました。

男性は勤務する市立中央図書館には28日に岡山県に戻ってからは勤務しておらず、医療機関に行く以外は外出していないとの事です。

現時点で分かっている濃厚接触者は同居の家族3人で検査を行い、4月2日にも結果が判明するとの事です。

沖縄県もしくは県外へ移動中に感染したとなると、市中感染の可能性が捨てきれませんね。

男性の早期の快復をお祈りするとともに、一刻も早いウイルスの収束をお祈り致します。