時事

【東京2021】東京オリンピックの延期が決定、遅くとも2021夏までに

東京オリンピック 2021 1年延期

3月24日、安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長とが電話会議を行った結果、7月24日に開催予定でした東京オリンピック及びパラリンピックの延期が決まりました。

安倍首相は新型コロナが収束した後の「完全な形」での五輪開催を希望し、1年程度の延期をバッハ会長に提案した結果、100%の同意を得たとしています。



東京オリンピックの延期が決定、2021夏までに開催

安倍首相はオリンピック、パラリンピックの延期の理由として、新型コロナウイルスの感染が拡がる中、年内開催が難しいという判断から1年程度の延期ということにしました。

そうした中で遅くとも2021年の夏までに開催を合意し目標とした上で、会場等の調整していくこととしています。


世界規模の新型コロナウイルスの感染の拡大から開催の行方に注目を集めた東京オリンピック・パラリンピックですが、1年程度の延期という事で決着が付きました。

選手達のコンディション、会場や様々な競技団体との兼ね合いから、開催時期については早期に決着をつける必要があったのかもしれませんね。

ひとつ疑問が残るとしたら、もし2020年中に開催が出来なかった場合、東京2021になるのでしょうか?

オリンピック・パラリンピックの開催時期については様々な意見があると思いますが、何れにせよ世界規模で新型コロナを乗り越え、万全な状態で開催が迎えられたらと思います。