時事

山梨県で初の新型コロナ感染患者を確認60代男性会社員の感染確認

山梨県 コロナ 誰 どこ住み

3月6日、山梨県内にて、新型コロナウイルスの感染者を確認しました。

山梨県内では初の感染者の確認となります。

今回は、山梨県で初の新型コロナウイルスに感染が確認された方はは誰か、でどこに住んでいるかについて調査していきたいと思います。



山梨県の初のコロナ感染患者を確認

山梨県にて感染が確認されたのは県内に住む60代の男性会社員です。

3月6日現在、男性の居住している市町村や勤務地など具体的な情報は公開されていないようです。



山梨県のコロナ感染者の感染経路や行動歴は?

男性は2月28日の夜から頭痛や体の痛みなどの症状が見え始めた為自宅で療養し、3月4日に県内の医療機関で診察を受け、別の医療機関で検査を行った結果、3月6日に陽性とわかりました。

男性2月21日から23日の期間マイカーで大阪府と和歌山県を旅行し、2月24日から症状の出る前の27日までは勤務していたとの事です。

また、男性は1人暮らしで屋外で1人で勤務しており、濃厚接触者は考えにくいとの事です。

男性の行動歴を見た限りでは、感染経路は大阪府や和歌山へ旅行に行った時と考えるのが妥当でしょうか。

現在男性は県内の病院に入院中との事ですが軽症との事です。また、山梨県内にて感染が拡がらない事をお祈りします。