時事

楽天に“緊急停止命令”送料無料は独占禁止法違反?公取が申し立て!

楽天 緊急停止命令 送料無料 公正取引委員会

オンライン通販サイトの「楽天市場」を運営する楽天が、商品を一定額以上を購入した場合に出店者に送料を無料にする事を求めた件で、公正取引委員会は独占禁止法に基づく“緊急停止命令”を東京地方裁判所に申し立てました。



公正取引委員会の“緊急停止命令”って何?

緊急停止命令とは独占禁止法の規定で、独禁法違反の疑いがある行為が存在し続け、放置すると公正な競争を著しく損なうか、違法状態からの回復が困難になる為に緊急の必要がある場合に行われる措置です。

今回は楽天の三木谷社長が3月18日に予定通りに送料無料化を実施すると言っていることから、公正取引委員会はこのまま予定どおりに実施されれば公正な競争が侵害されるとして28日、送料無料化を停止させるために裁判所へ申し立てられました。

公正取引委員会が緊急停止命令を申し立てたのは16年ぶりとの事です。



出店者に“送料無料”を求めるのは独占禁止法違反?

三木谷社長は「送料込みで価格を調整してください」と出店者に言っていることから、独占禁止法違反である優越的地位の乱用に当たらないとしています。

過去の判例を見てみると、主張が認められるケースが大半の様ですね、また、是正することにより取り下げをしている事から、今のところ全勝の様です。